私自身の歯科矯正の歴史

歯並びが悪いと育ちが悪い?大人になってからでも矯正は遅くない

私自身の歯科矯正の歴史
私は現在歯の矯正をしようか考えています。私は前歯が2本大きく、前にでている典型的な出っ歯です。小学生の頃にクラスの男子から「出っ歯!」と言われ少し傷ついた事もあったのですが、親から矯正する?と聞かれた際、周りにしている子もあまりいなかったし、子供ながらにたくさんお金がかかる事を知っていたので必要ないと答えてそのまま大人になりました。幸い出っ歯をチャームポイントで可愛いと言ってくれる旦那にも出会い、自分でもそれほど気にせずに生きてきたのですが、ある事がきっかけでまた矯正について考えるようになりました。

それは少しの間、アメリカで過ごす機会があった時のこと。ほとんどのアメリカ人はとても歯が白く、歯並びが良い人達ばかりだという事に気が付きました。歯並びが悪い人はあまり見かけませんでした。調べるとアメリカでは歯にとても気を使い、小さい頃からほとんどの人が矯正していて、歯並びが悪い人は矯正するお金がない劣悪な環境で育った人だと見られるという事でした。確かにそう知ってから気にすると、歯並びが悪い人を見ると珍しいな、と思うようになりました。今まで気にしていなかったけれど、アメリカでは笑顔で笑っても歯並びが悪いだけで育ちが悪いと思われているのかと少し恥ずかしい気持ちが芽生えました。アメリカでは大人の人でも矯正している人を日本よりも見かけ、大人になってからでも矯正する人もいるんだと知り、子供が大きくなって参観日に綺麗なママだと思われたいという気持ちもあるので、今からでも遅くないかなと思うようになりました。

お役立ち情報

Copyright (C)2017私自身の歯科矯正の歴史.All rights reserved.