私自身の歯科矯正の歴史

歯の矯正は痛くてたまらない?

私自身の歯科矯正の歴史
歯の矯正は、とっても痛い、とよく聞きます。人によっては食事ができなかったり頭痛がひどかったり・・・。私も歯の矯正をする前にそんな話を聞いて、怖くなった記憶があります。私は5年前に歯の矯正をしました。確かに、矯正をした直後は歯が痛くて、食事をするのが大変でしたが、食事のとき以外はまったく問題はありませんでした。食事のときは本当に歯がズキズキして、食べることが嫌になりました。また、なぜか私は矯正した日の夜ご飯がたこ焼きで、たこをかむと痛くてたまらなくて、タコだけ抜いて食べたという記憶があります・・・。しかし、3日ほどしたら痛みもなくなり、普段とかわらない食生活を送ることができいました。

私の母の知り合いも矯正をしたらしいのですが、その人は、歯が痛くてたまらなくて食事はスープしか飲めないという生活が1か月ほど続いたそうです。その人は歯の矯正をしてから頭痛もひどくなり、頭がズキズキすることも頻繁にあったそうです。歯の矯正による痛みは人によって異なるのでなんとも言えませんが、私の経験上では、痛みは1週間もあれば治まるので、そこまで苦しくありませんでした。また、経験上からもう一つ苦労した点をあげるとしたら、口内炎が治りにくくなったことです・・・。矯正器をつけた当初は、なかなかその感覚になれず、よく舌や口をかんでしまい、口内炎ができました。治そうとおもっても、矯正器がその部分にあたってなかなか治りませんでした。いろいろ大変なことはありますが、歯並びで人の印象はずいぶん変わるといいます。矯正は、して後悔することはないと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017私自身の歯科矯正の歴史.All rights reserved.