私自身の歯科矯正の歴史

僕の彼女は、歯の矯正をしていました

私自身の歯科矯正の歴史
僕は、今の彼女とつきあい始めて、二年ちょっとになりますが、その彼女の歯並びはとても綺麗です。でも、小さい頃はとても歯並びが悪かったそうなのです。彼女は小さい頃からしばらく、歯の矯正をしていたそうなのです。そしてそれは大人になった今でも続いています。歯並びはとても綺麗になったのですが、油断すると、歯というものは、すぐに並びが悪くなってしまうそうなのです。そのため、彼女は今でも、週に何回か、寝る前に特注のマウスピースを歯にはめています。

しかし、最近ちょっとさぼっていたようで、そのマウスピースを歯にはめるときに、結構きつくて痛いそうなのです。少し気を抜いただけで、もう歯が元に戻ろうとしているようです。歯の矯正というものは、自らの努力も必要ですし、お金もそれ相応にかかるので、なかなか大変なのでしょう。しかし彼女の場合、歯の矯正がもたらした、副産物があったのです。それが、ダイエットです。どういう原理かはわからないのですが、歯を矯正しはじめてから、少しずつ減っていき、最終的には10キロのダイエットに成功したようです。

それを聞いた僕は、今からでも間に合うかなあ?矯正しようかなあ?と彼女に持ちかけましたが「今からいちから矯正するお金あるんだったら、手術したほうが早いんじゃない?」と軽くあしらわれてしまいました。確かにダイエットのためにという考え方をすると、ちょっとお金がかかりすぎるかなと、すぐに企画倒れとなりました。

お役立ち情報

Copyright (C)2017私自身の歯科矯正の歴史.All rights reserved.